より働きやすいオフィスデザインを考えるにあたって、仕事効率のことを考えると同時に安全な環境を提供することも重要になってきます。
安全な環境とは主にどのような環境なのかというと、地震や火災などの災害時に建物が倒壊したりせずにちゃんと避難も行える環境ではないでしょうか。現在地震の多い日本では、特に耐震性能が重要視されています。
耐震性能の高い建物は、地震の際に倒壊して二次災害を引き起こすこともありません。倒壊の心配がないため、落ち着いて避難することが可能です。
また、避難経路に関してもしっかりを確保されていることが条件になります。複雑な避難経路ではスムーズな避難を行うことが難しいので、安全性が高く確実に避難が行えるよような設計を行う必要があります。
安全性に関しては、建築基準法によって設計事務所で必ず最適な設計を行ってくれるので安心して任せることができます。

耐震性や防火性のほかにも、高層ビルなどであれば窓などにも気をつける必要があります。
衝撃に弱い窓などであれば、地震の際などに窓が割れてしまう場合があります。高層ビルの上階の窓が割れてしまうと落下してしまい二次災害の危険性があります。
窓ガラスが割れないような安全策として、飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼る方法などがあります。飛散防止フィルムを窓ガラスに貼ることによって、衝撃に強く割れにくくなります。
このように、安全策を考えるのであれば設計と同時にパーツパーツの二次災害の危険性も充分に考えて対策することが必要になります。

仕事の作業効率を高めるためには、リラックスできる環境づくりも大切なことです。リラックスできる空間づくりとして、まず休憩スペースの設置が挙げられます。
休憩スペースをオフィス内に設置することで、疲労を感じた際はすぐにでも休むことが可能になります。休憩スペースに設置するのはイスやテーブルなどになりますが、よりリラックスするためにはソファーなどを設置しても良いでしょう。
しかし休憩スペースをオフィスデザインに組み込むには、その休憩スペースも仕事の空間であるということをしっかり考えるようにしましょう。ほかにも喫煙スペースなどが必要になってきます。
喫煙スペースを設ける場合は、喫煙を好まない社員の反応も考えることが大切です。タバコの残り香が残らないように、消臭スプレーなどを設置しておくと良いでしょう。
このようにリラックスできる休憩スペースにも種類があるので、どのような空間を望んでいるのかをしっかりと設計事務所で打ち合わせを行うことが大切です。

ほかにもリラックスできる空間づくりとして、オフィス内に観葉植物や熱帯魚などを配置しても良いでしょう。このような生物のインテリアは、目にするだけで癒やし効果があります。
また、観葉植物などは疲れ目の改善にも最適になります。パソコンなどを使用している場合、どうしても目が疲れてしまいますが、目が疲れてしまった際に観葉植物を見るだけでだいぶ疲れが改善します。

社員が働く場所に求めている条件とはどのようなことなのでしょういか。オフィスデザインを行うには社員にとっても働きやすい空間を作ることが重要になってきます。
社員が働きやすい空間には、作業のしやすい空間だったりリラックスできる空間だったりと様々な条件を挙げることができます。設計事務所ではこのような企業側のニーズに沿ってより良い空間デザインを行っていきます。

機能性を求めているオフィスであれば、作業スペースの広さや収納スペースの広さなどが挙げられます。
ほかにも、社員同士で業務連絡を行いやすいように広い空間を取っているデザイン例などもあります。現在多くの企業がオープンスペースのオフィスデザインを設計しています。
オープンデザインのオフィスでは、人同士の話し声などが気になる場合もあります。話し声がどうしても耳に入ってしまうということでストレスを感じてしまう場合もありますが、その改善策としてオフィス内での会話はメールやチャットなどを利用している場合もあります。
このように、働いている人によってどのような空間が働きやすいかという条件は変動してきます。働いている社員のニーズに応えてこそ、良いオフィスデザインといえるのでないでしょうか。

オフィスデザインというものは、企業の個性を大に出すことのできる場所になります。企業の個性を出すことは、来客時などに来客にどのような企業であるかということを一目で把握してもらうことに繋がります。
来客に企業のイメージを一目で把握してもらうには、まず来客が一番に目に付きやすい場所はどこかということを考える必要があります。来客が第一に目にする場所は、待合室や応接室などでしょう。
その企業が商品開発を行っているのであれば、インテリア用品として自社開発の商品などを飾っておくのも良いでしょう。実際の商品を飾っておくことによって、どのような業務展開を行っているのかをいうことを一目で把握することができます。

このようにオフィスデザインを行うには、インテリアも大切な要素になります。空間のコンセプトに応じて、設計やインテリアを考えていくと良いでしょう。
空間デザインのコンセプトが大体決まったら、設計事務所などに依頼をしてより良い空間を設計してもらうようにしましょう。

アーカイブ

Bookmarks